妊娠中の食べ物

妊娠した時の食事は赤ちゃんに影響するの?いつから気をつければいいの?

妊娠中の食事

妊婦になるとつわりや体の変化に気を取られて、ついおろそかになりがちなのが「食事」です。

しかし胎内の赤ちゃんは、妊婦さんの食べるものを栄養として育ちますから、実は妊娠中の食事は非常に大切で、何を食べるかによって胎児の成長、さらには生まれたあとの成長までに影響を及ぼすのです。

では妊娠したとき、いつから赤ちゃんへの影響を考えて、どんな食事を取ればよいのでしょうか。

お腹の中で成長する赤ちゃんと、産まれたあとの成長までを考えてしっかりとチェックしておきましょう。

妊娠初期から退治に食事は影響する

妊婦さんになる時になるのが、自分が食べている食事がお腹の中の赤ちゃんに影響するのかどうか、ということかもしれません。

結論から言えば妊婦さんの食べる食事は胎児にとって非常に重要となり、その影響は妊娠初期からとなります。

そのため妊娠がわかったら、まずは自分の食べるものにしっかり意識を向けるべきと言えるでしょう。

さらに成人病胎児期発祥説、いわゆる「ドハド説」によれば「赤ちゃんの健康や特定の病気のかかりやすさは、胎児期や生後早期の環境の影響を強く受ける」とされています。

妊娠初期に食べるといいもの

妊娠中に何を食べるかは胎児のからだづくりに大きく影響します。
ではそれを考えた場合、どんな食事を食べるべきなのでしょうか。

妊娠時に摂るべき成分を見ていきましょう。

●タンパク質
タンパク質はからだづくりの基本ですから、絶対に欠かせません。
●脂質
脂質は胎児の脳や目の発達に必須です。ただし摂り過ぎは要注意です。
●糖質
糖質は大事なエネルギー源となります。こちらも摂り過には注意してください。
●鉄分
胎児の血液には鉄分が欠かせません。鉄分の吸収はビタミンCで促進されます。
●カルシウム
骨のためにカルシウムが必要です。

このような成分をバランスよく食べるのが、妊娠中の食事の基本となります。

これらの成分は赤ちゃんのためにだけ必要というわけではなく、ひとの体に必要な成分ということになりますので、同時に妊娠生活を健康に送るための栄養ということもできます。

では、妊娠中の食事について、重要なポイントとなるのは何でしょうか?

● 白米を食べてエネルギーを摂る
● ビタミンやミネラルの補給も忘れずに
● 肉や卵、魚などをしっかり食べてタンパク質を補給する
● 牛乳、乳製品でカルシウムを摂る

まずはこのような基本となる食事をベースにして、残りの必要な成分も意識した食生活を送れるようにしましょう。

つわりで吐き気がする時の食事は

妊娠して辛いのは、つわりやそれに近い状態になって、吐き気で食事が取れないという問題です。

つわりが妊娠初期にあった場合は、まだ母体に栄養が蓄えられているため、無理に食事を取らなくても大丈夫です。

ただし水分補給だけは気をつけてください。

気持ち悪い時の妊娠初期の妊婦さんの食事は、量をたくさん食べることよりも、栄養のバランスが大切です。

ご自身の体調も管理するために、無理なく先ほど説明した栄養素のある食事を摂るように心がけてください。

胎児が妊婦さんから栄養を受け取るようになるのが、胎盤が完成する妊娠16週~となります。

妊娠中は貧血に気をつけよう

妊娠中はたくさんの通常のときよりも血液が流れるようになりますので、血液の生産が間に合わなくなると貧血になりがちです。

血液中の赤血球は急に作れないため血液が薄くなってしまうのがその原因です。

特に胎児が急速に成長する24~32週に貧血になりやすくなります

貧血を防ぐためには鉄分の補給が重要となります。

肉や卵、大豆製品や野菜に含まれる鉄分をバランスよく食べることで、貧血を防ぐようにしてください。

野菜に含まれるビタミンCが鉄分の補給をサポートしてくれます。

赤ちゃんだけでなくママのためにもバランスの取れた食事を

赤ちゃんのからだづくりに、妊娠時の食事は非常に大切です。

胎内での赤ちゃんの成長、そして産まれたあとまでへの影響はもちろんですが、妊婦さん自身のからだのためにも、必要な栄養素をバランスよく摂れる食事を心がけるようにしてみてください。